自宅前

自宅前
2013年5月18日現在の通り沿い。

2018年6月24日日曜日

今日は、

日本橋公会堂でモーツァルト室内管弦楽団の定期演奏会に行きました。

第66回です。長年モーツァルトを演奏し続けている事はすごい⤴⤴です。

新宿でランチを食べてから水天宮前に早く着いたので、街中を歩いて、




銀杏八幡いう小さな八幡宮さんに寄りお賽銭を入れて来ました。
気に入ったカフェを見つけてコーヒーを飲みました。

しかし何となく消化不良で帰りのバスでWi-FiフリーだからYouTubeでジュピター聞いています。

昨日は

昨日は、午前中慧先生の太極拳ご指導を受けてから、
モーツァルティアン・フェラインの例会でした。

大津先生のお話は、《後宮からの逃走》の登場人物オスミンを
深く読み解く内容でした。
先生はオスミンがお好きでした。

素晴らしいアリアが沢山ある中で先生は、オスミンを取り上げられました。

オスミン視点でオペラの一部を解説されて鑑賞したのははじめてでした。

懇親会も楽しく、3次会で会長代行さんとものすごく盛り上がって来たY理事さんと
紅茶をいただき、あわただしく8時15分のバスで
帰りました。
Y理事さんがご負担にならないよう、しかしせっかくのご提案が
楽しみでもあり、良い方向で進むと良いなあと思いました。

そして今日、驚く若手の31歳の男性の参加でそれも会に加入してくれそう。
そんな新しい参加者に一同大喜びでした。
高校生が来たのかと思いましたよ。

会長と副会長が来られなくて心配しましたが、何とか無事終了して
ホッとしました。

若手女性委員も期待出来て、ほんとに良かったです。
おかげで小学生も参加して、可愛いですよ。


2018年6月23日土曜日

トウモロコシ

夜の教室から帰ったら、玄関にトウモロコシがかけてあり、連絡もいただいていたけれど、嬉しかったです。

今朝、蒸かしてあつあつ食べました。

幸せ一杯で、朝カルチャーに向かう高速バスに乗りました。

それにしても大阪の地震でブロック塀が倒れて亡くなった小学生、可哀想。

私の家のブロック塀を、5月にすべて撤去してフェンスにしたのが、ほんとにツイていた出来事でお隣の社長さんにも、持ち主だったおば様も良いタイミングで売って下さったと改めて感謝しました。

完全に違法ブロック塀でしたし‼

2018年6月22日金曜日

ブラックベリー

今年もお友達の庭からブラックベリーをいただきました。

 
一日忙しく携帯のメールに気が付いたのが午後6時半だった。
7時半からの太極拳の夜の教室には、準備のために7時には行くことにしている。
なので急いで今から行きますと6時50分に取りに行った。
 
夜の7時半からの教室は、よく来て下さる方がお休みの方がいる中、とても久しぶりに
来てくれた方など16名が集まった。内なるエネルギーが外に
現れたのかエアコンを入れていてもすごい熱気で汗びっしょりになった。
さて9時に自宅に帰り、それからブラックベリーをジャムに煮はじめた。
ブクブクとアクが沸きあがってくる。
ブラックベリーの重さは、1600gでお砂糖は、控えめの600gにしておいた。
家にあったグラニュー糖とさとうきびの砂糖を半々ぐらい。わざとというわけじゃなくて、
砂糖がそんな感じに残っていたから。

 
出てくるアクをすくってすくっている間に他の書類整理したり片づけしたりしながらだから
煮込みは楽ちん。

 
何かいアクをすくいとっただろうか?
透明感が出て来て、綺麗な赤紫色のジャムに仕上がったので、このまま軽く蓋して
お風呂に入って寝ました。
 
最近煮沸して瓶につめる作業がとても面倒になり、ジップロックに入れて冷凍して
食べきると出して冷蔵庫で解凍して使うという事にしたら、とても楽だし、そもそも瓶がいらなくなった。
 
人には差し上げにくいけど、家に来た人に他の食品を持って帰る時に、保冷材代わりに
持って行ってもらったりする。
 
それでも市販のジャムというのをいただいたもの以外は買う事がなくなった。
たまに買ったジャムを食べてみると、何となく違和感が出来てしまい、
もう作るより仕方がない状況になってしまった。
 
何もないシーズンは、冷凍の国産ブルーベリーを生協で購入して自分でジャムにしている。
イチゴのシーズンには、ジャム用イチゴなどが売っていたら必ず買ってジャムにする。
 
余計な物が何も入らないしお砂糖の量が自分で決めて日持ちもしなくても1週間で食べきれる量だけ瓶に入れて、ジップロックに小分けして冷凍しておくと
カビを生やすなんてことなく、毎朝プレーンのヨーグルトにかけて
食べられる。
 
ジャムを買うより美味しいジャムが毎日食べられて、買うより作る派の私です。
 
美味しそうな市販の高級ジャムを見ると高い値段が書かれていると、
これより作った方が安上がりで美味しいと主婦の私はついついそう思ってしまい、
ジャムは作るものという事にしてしまった。
 
果物をいただくことも多い山梨の環境もほんとうに有難い、感謝の日々です。
 
不思議と梅ジャムを作らないんだよね。
梅→梅干しと頭の中で回路が出来ている。
たまに梅シロップを作るけれど、基本的に普段甘い飲み物を飲まないため、
今年は、やはり梅干しオンリーにしました。
 
 
 
 

2018年6月21日木曜日

日日是好日

日日是好日   森下典子

最近お茶の先生からお借りした本です。

お茶のお手間いを習っていてもう1年くらいたったかなあ。
私が何故なんだろうかと毎回思っていた事を先生は、丁寧に教えてくださるけど、この本を読んで、ああそうなんだと
何となくわかったような気になった。

本のお茶の先生は、何故なんですか?と質問しても、決まりなのよ、とにかくやりなさい、と言う。
主人公は、毎週毎週、
仕事のあとお茶の先生の家に通う。
そして20年、お茶は、行きたくないと
思っていても何となく行くと行って良かったと思ったと言う。
五感を感じ、季節の移り変わりを感じる。

先生は、何故黙っているんだろう?

何年も続けて行くなかで主人公は、
先生は、言わないのではない。
言葉では言えない事を無言で語っているのだと気づく。

本当に教えている事は、目に見えるお点前の外にある。
内面が成長して、
自分で気づき、発見するようになるのを、根気よくじっと待っているのだったと。

お茶の本を読んでいてふと私は、
太極拳の心の気づきの楽しさを、
生徒さんにすべて教えようとしてなかったかと、思った。
何も教えない事で教えようとする事なんて出来るだろうか?

名時先生は、よく何でも良いよとおっしゃったと聞きます。
本当には何でも良くはなかったらしいけれど、
きっとこれは、自分で感じてご覧、何回も動いて見て自分で考えてご覧と言う意味でおっしゃったのかもしれない。

楊名時24式太極拳は、回数を重ねて行くなかで、はじめて気づく筋肉の感覚がある。
早く動く簡化太極拳では、気がつけない。ゆっくり軸を狂わさずに動くには、
筋肉で支えたら筋肉が悲鳴を上げてしまい一日3教室もやってられない。
尾てい骨に足の太い骨に載せて足を寄せていき無理なくやや上下に動かないと
とても低い体勢の下半身のまま動くことなどできない。
簡化太極拳より奥が深いと感じるところの一つです。

最近、左右の手が調和して関連して動くのが感じられる。

慧先生に習いはじめた頃から、
常に慧先生は、左右の手の調和について
語られていた。
調和ねっと当時頭でわかったつもりになっていたけど、今の自分は、全然あのときは、
わかってなかったと理解出来る。

少年団のミニバスを教えていた頃、今の支部長に球技とは比べものにならないぐらい
深いんだと、試合の合間に力説された。お嬢さんがバスケットで活躍しているのに
このお父さんは何を言っているんだろうかと興味を持ってはじめてみた。
30代では、ただただママさんバレーボールの、ジャンプ力が太極拳をしていたら増して、
アタックが安定したから、筋トレのようなかんか感覚で太極拳をとらえていたように思う。
あれから、17年が過ぎて、
週に、東京の稽古を入れると、多い時は、12教室なんて週まであり、
太極拳ばかりしている今の自分がいる。

24式の間ずっと丹田を意識して動くなんて有り得ないと思っていた時期もあったけど、
今は、丹田を意識しないなんて有り得ない。

前後左右上下の陰と陽なんて?なるほどねなんて思っていたけど、
頭で理解しようとしていただけだった。
今は、本当に前後左右上下感覚を意識して動いている。

成長に応じて、前の理解とは比べられないように深くなる。

その深い気づきこそが、楽しくて楽しくてたまらなく私を魅了している。

お茶の世界観と同じように、そこには、
ひたすら長い年月の継続と稽古が必要な気がする。

今の自分の気づきが、また10年先、20年先に深まっていくのだと思うと、さらに楽しみになる。

いろいろな方面の事が、すべてつながっている。

もしかしたら身体に変化が起こり、痛いところが出来たり、加齢に寄り今と同じように動く事が
出来なくなるかもしれないけれど、その時にこそまた新たな楊名時24式太極拳の世界が
違った意味で理解できるようになるかもしれない。

丁寧な指先に神が宿ると聞いたことがある。
指の先まで繊細に意識をして動きたい。

それはお茶も太極拳もまったく同じ世界だなと感じる。


2018年6月20日水曜日

らっきょう漬けました

昨日らっきょう漬けました。サッカー日本代表が勝ち疲れが吹っ飛びました。
 
 
例えばはじめから小分けにして漬けるとどうかと思いましたが、数年前に姉に1キロつけて送ったら味が濃いと言われました。この分量をつけてらっきょうから出る汁で薄まるところに味の決め手もあるのかなと思います。15キロぎゅうぎゅうに詰めて4瓶です。ラッキョウが浮いてくるので時におたまで押し込んで表面のラッキョウにも酢がゆきわたるようにします。
 
塩漬けした梅から梅酢が上がって来ました。
色も柔らかさも最高です。

今一昨年の梅干しを食べています。もちろん甘さなど何も加えてないから酸っぱいけど、
塩気はマイルドです。昨年の梅は、まだ食べていません。
スローフードの良さを感じます。

らっきょうは、一年で食べきる。食べきれない時の保存は冷蔵庫で、カリカリの食感も残り
美味しい。
姉は、私のラッキョウをフードプロセッサーでみじん切りにして食卓に出しています。
丸ごと食べるのも美味しいけど、これも食べやすいです。

私は、心臓に良いと言われているので、一日1~2個ぐらいご飯のおともに食べます。
梅は、つぶして包丁で切ったものを小さじ半分ぐらいご飯に載せて毎日食べています。


2018年6月19日火曜日

梅を塩漬けにしました

あく抜きした梅を塩漬けしました。ビックリするような塩の量だと思われる方も
いるかもしれませんが、昔からの梅干しを知る人は、これが普通の量だと思うと思う。
 
 
100年常温でカビなど一切生えない梅干しです。
25パーセントの塩で漬けます。

でも出来た梅は、塩味など感じないと思う。
この梅を種からはがして、私は最近は10個づつ包丁でたたいて
小さいタッパーに入れて使います。

塩分が身体に悪いと言うけど、夏の熱中症は塩分と水分が不足するわけで、
私は、塩分を気にした事がありません。

昨日、毎年健康診断に行っている近所のお医者さんのところで、
血圧105と60でした。先生が、低いけど低くて悪い事は何もないわよと女医さんが言う。
心電図なにも問題なし。元気そうね。
血液検査もコレステロールがわかれば良いわねとおっしゃる。

どこか体調が悪いと感じるところありますか?と聞かれて
いろいろ考えても何も出てこない。
何もないですというとそうね、あなたは元気ねと言われた。

もっと人間ドックにも申し込んだりしなくちゃとは思うのだけれどもね。

今後は、自分でこれからはあまり追い込んだような忙しい事はしないように
しようとは思っている。

庭の相談が済んで、7月下旬から通り沿いと西側に手を入れます。
一生に一度だと思って。老後も楽な手のかからないものに作り替えます。

道歩く人が寂しがるかもしれないけれど、南側と東側があるので、
それでも植物好きは、治らないから、また増えると思うよ。

家にいる時間のあった午後なので、後回しにしていたパソコン仕事を
一つしてしまった。
半年もたまってしまいいけないなあと心にとても重くて、
それなのに時間があっても今まで面倒でやる気の出ないパソコン仕事で、
なぜ私はこのやらなくちゃいけないというキーワードはあるにも関わらず
時間があっても3か月前ぐらいから先延ばしにしてきたんだろうかと
思いながらの作業でした。

やるべき事を少し書き出してみた。
やるべきことをノートに書いては優先順位をつけてやることにしている。

私がある程度断捨離をすすめたのも、庭に業者に手を入れようと思ったのも
少しづつ物事を頭の中で整理してきたからで、将来の自分と現在の自分と
考えるようにしている。

断捨離にはまってからさらに考えがすっきりしてきて、時間が自分としては増えて、
洋服の整理だとか洗濯から洋服を片づける時間が多分1/4ぐらいになった。
そもそも外に洋服がとりあえず出ているという事もまったくなくなった。

家の中も見渡していらないもの、いるかいらないか判断に迷うものは捨てるという
基準にしたら、すっきりしたし、物を買いたくなくなった。
食品ももよけいな物がずいぶん減った。

そんなわけで昨日やりたくないけどやらなくちゃならない事務仕事をようやく手を
つけたらまあなんてすぐに終わったんだろうか!
これなら早くやれば良かった。

おかげで心が晴れた。

やらなくちゃならないと思う事がずいぶんと自分の心を塞いでいた事に
気が付いた。

すぐやってしまう。
これが楽に生きる方法の一つだと思った。