自宅前

自宅前
2013年5月18日現在の通り沿い。

2019年2月21日木曜日

便利

最近また自分の太極拳の動きで気づきがあり修正しています。
まだまだ虚実が甘かったと思うところが2か所あり丁寧に動いています。

何回も動いてきた中で、まったく意識しないで動いている場所を
見つけていき気が付きました。
外から見てわかるほどの修正ではありませんが、自分の中ではとても
新しい発見でした。


最近料理を作る時にどんな道具を一番使いあまり使わないのか朝から
夜まで意識してみたら、ほとんど使わない道具が一番使いやすい引き出しに入れている事が
わかったので、良く使う以外の道具は、一つ下の引き出しにすべて立てて入れてしまい、
浅い一番上の引き出しを良く使うものだけにした。菜箸は、最大いろいろ作っている時に
使っても3本なのに6本入っていて3本は下に立てた。
でも多くの料理をどんどん作る事がある時に6本必要なこともあるので残した。
取り出す事が実に効率的に早くなった、使わない道具をごそごそとどかして取るという事を
物が多いい時には何気なくしていたと気が付いた。

便利だと思い購入したまったく使わない道具をすべて捨てた。
例えばニンニクつぶし。スタイリッシュでお洒落なデザインそのものに惹かれて以前購入して2回ぐらい使ったけど包丁で十分だったので捨てた。数が多いいもの。使う数だけにした。
多人数の料理を一度に作る事があるから家族だけの分だと私の場合足りない事もあるので
多分普通の家よりおたまの数が多かったりするかもしれないけど、
それでも使わない便利グッズと呼ばれるようなものは、私にはいらなかった。

さらに料理のスピードアップにつながった。
お鍋の数、今のところ同時進行で沢山作る事があるため数が減らせないけど
フライパンを新しくするなどブラッシュアップはしている。
テフロン加工のフライパンは、新しい方が使いやすい。



2019年2月20日水曜日

ストレッチア

家のストレッチアです。今年は植え替えないとなぁ❗

気持ちも新たに

何かを断捨離すると良い物がまた入ってくる。
お金を貯金出来るのに一番はまず物を減らす事だと最近のブーム。

70%は生活費、5%は浪費、あとの25%は投資や貯金が
ベストだと専門家の本などに書いてある。
投資には自己投資も含まれて本を買って知識を得たり
研修会に参加したりと学ぶことも投資だと思う。
貯金ばかりに使わなくても良い。

5%の浪費は、やっぱり楽しみでもある。
断捨離して食費が減った。野菜室や冷凍庫も管理できるようになった。
買い物に行って安売りだからと沢山買わなくなった。

高い物を買ってカードリボ払いとかにはしたくない。
カードも2回払いまでなら金利もつかないので、よほど
高い物を買う時も2回で払える額が良いと思っている。
その前に払える現金を先に口座に持っているようにするのが良いと思う。

自己管理をきちんとして身の丈に合った生活をしていこうと決めた。

子供たちが拾った猫が20歳になり、この猫が亡くなったらもう
ペットはもう飼わないと思う。

植物は、愛情をかけてこれからも育てていきたい。

決めた範囲で出来ない事は、スパッと辞める事にした。
健康第一。一番楽しいと思う事で生きて行こうと思う。
好きな楽しい事だけしていく幸せ。
人に決められるのではなく自分で自分の残りの人生を決めて行く。

ソナチネを弾いてみた。楽しい。
10年習ったピアノ。これからは、自分の楽しみで弾いていこうと思い
昨日辞める事にした。10日前に突然決意した。
先生にはお世話になりました。

ピアノも断捨離しないし楽譜も捨てない。

先生のご自宅の5月の薔薇を立派に咲かせて欲しい。
雨でもベランダで鉢だから根の部分まで水がいかないから冬も乾いたらたっぷりあげて欲しい。
昨年の5月は相当残念でした。

鉢物を毎朝出かける前に眺めるのが日課です。
いただいたパンジーの苗が綺麗に咲いてます。
種で育てた苗をいただいたものでビオラも咲いています。
苗が小さかったので寄せ植えの間隔が狭かったかなと思うほどよく成長している。
玄関の前が日当たりが良くなり良かった。
ノースポールは、通り沿いに置いたらうどん粉病になったけど玄関前に戻したら
大分回復してくれたから暖かくなったら少し良くなると思う。

通り沿いは、日当たりが悪いけどチューリップの芽が大分出て来た。
あちこち水仙が芽を出して咲くのが楽しみです。

残した薔薇は丁寧に剪定したので綺麗に咲いてくれると思う。
泣く泣く薔薇を減らしたけどでもまだ沢山あります。
南側が楽しみになりました。


2019年2月19日火曜日

探し物

私が断捨離をして一番改善されたのは、探し物をする時間がゼロになったという事。
以前の物が多いい生活は、あれはどこに行った?どこに片づけたかな?と
探し物をする時間が本当に多かった。

整理整頓がもともと一番苦手だったために、悩ましかった。
収納術なるものを書いた本が沢山出ていた。
整理整頓が得意な主婦が登場していて、立てたり横にしたり丸めたり
圧縮したりして色々な物を片づけて行く方法が沢山出ていたけれども
そもそも整理整頓が苦手な私がそんな得意な人の真似をしてみても
無理でした。

あの頃に、この断捨離を知っていたら、子供のハンカチタオルなど持ち物も
数を制限したり洋服もきちんと片づけられただろうと思います。
あの頃の洗濯物の山に悩まされ箪笥に押し込んだりしても入らない
恐ろしい生活。
毎日洗濯機を回しても当然干しきれない物を休みの日に大量に洗濯するも
干場が少なく、階段にぶら下げたり、古い家で狭かった事もあり、
今思い出してもゾッとします。

買う習慣はあっても捨てるのはもったいないという考え方が主流でした。
時代はどんどん変わっていると思います。

良い事だとわかっていても物が減らせない人がいるのも当たり前です。
良い事を聞いて実際に行動を起こす人は、全体の3パーセントと言われて
います。
ゴミ屋敷も増えていて、お掃除屋さんが頼まれて片づけにいくゴミ屋敷も
増えていて、一人暮らしの若い女の子に多かったりするらしい。

私がブログにこんな断捨離の事について発信するのも
私のように整理整頓掃除嫌いが変わったから、良かった事をお伝えしたいと
思って書いています。

物が少なくなり時間に余裕が出来ました。
今朝もハンカチを1枚アイロンかけました。
以前は溜めました。だからますます時間がある時にしかできなかった。

4~6年前までは私はまだまだいっぱいいっぱいで頼まれたりしてもポカも多く大変でした。
今の方が忙しいのに実に余裕があります。

さらに自分の時間を生む
考えに考えた決断をします。

大好きな植物との時間を増やしたい。
私にとって植物と過ごす時間が子供の頃からの原点です。
植物を断捨離してさらにとても昨年その事に気づかされました。

大好きな太極拳のお教室が増えた事は、私にとってかけがえのない時間でもあります。
その時間をさらに楽しむためにも自分の中で余裕ある時間を作る事にしました。

一人で植物と過ごす時間がとても好きです。
自宅がとても好きな空間になりました。買い物をしていたのに、
そんな時間はまったく望まなくなり、家にいる時間が好きになりました。
それも家がいつも物が少なく片付いたからです。

それに多くの方と会う時間も楽しい時間です。

そんなバランスがようやくとれて、今が生きていて一番楽しい日々になりました。

2019年2月18日月曜日

空間

本をブックオフに持って行ったので、本棚が一段空きました。
リビングでパソコン操作をしているので、
右の棚は、お客様がきた時に、
パソコンをしまう場所です。
まったく何もない最小限で暮らすのがミニマリストだと思っているかたがいたら、まだ本あるじゃんと思うかもしれません。

好きな物をすべて捨てるのが無理と思う方もいるかもしれないけど、大好きな大切な物を捨てないのもミニマリスト。
まったく管理されてない物がない暮らしを目指します。

三年かけてずいぶん物が減りました。
空間だったり、量が減ることで、楽な暮らしになります。

昨日履かないタイツは捨てました。
色がいろいろありました。
黒、チャコールグレーと肌色の三足あれば十分で新しいストックも三足あります。
毎日洗濯していて、まったく困らなかった。
下着の枚数もすべて数えて管理し始めました。
無駄な買い物しなくなりました。

2019年2月16日土曜日

1つ買ったら2つ捨てる

1つ買ったら2つ捨てる法則が大事だと言われています。

今日3つの洋服を買いました。
なので6枚の服を洋服をお渡しする人への袋に入れました。
どうしても欲しかったのは1つのパンツでしたが、履いたら結構便利に着れそうで
思わず違うタイプのパンツを3つも買ってしまいました。

この先少し生活を変える予定なので、パンツが必要でした。
多分この先、スカートが減り少しカジュアル系が増えると思います。

本を35冊捨てたために本棚が一段空きました。
本棚を一度本を全部出して入れなおしました。
すごくすっきりしています。

この空間を埋めるつもりはありません。
空けておきます。

今度は、来週御茶ノ水に行くときにCDを少し持って行きます。
少しづつですが、聴かない好きじゃないCDは売ってしまいます。
クラシックのCDなのでクラシック専門のユニオンで売ります。

ゾーン

インナーピースと言う単語から話が広がりました。
アメリカで精神科医が使うインナーピースと言う言葉、心の緊張を解くとか安定とか安心など揚名時太極拳の心静用意と同じ意味です。

オリンピック選手がよい成績を残す時、ゾーンに入ると言われています。心静かにだと眠くなる状態、緊張し過ぎると
良いパフォーマンスが出来ないけど、
リラックスして集中できた時にゾーンに入れる。

私達、揚名時太極拳の愛好者は、沢山の意識を繋ぎ、将来的には生徒さん全員が特別な能力ではなくゾーンに入れる事を目指して動いていけるのです。
これを揚名時先生は、無になるとおっしゃっていたと私は、理解しています。

大学生の時に、バスケットボールの試合で1試合で52点も一人で点をとった時がありました。リバウンドもすべて自分のところに落ちてきたしシュートは、投げればすべて入る気がしたし実際に入った。あまりに身体が動いて最後は両足がつった。
あのとき多分私は、ゾーンに入ったのだと思う。今でも忘れられない。
緊張しなかったわけでなはない。

毎回、ゾーンに入れるよいな集中力を身につけたい。自分が指導している時は無理かな?
慧先生が山梨に研修会で来て下さった時、
六式で私は、気がついたら六歩下がりそうになりしまったと思った。10式の雲手もあるあるです。集中していたと言って慧先生が慰めて下さったけど、ややこれも1種のゾーンに入った状態ではないかと思います。